不動産屋

住宅FCの加盟店になるメリットとは?

住宅売買

飲食店やサービス業界などでよく見られる事業形態として、フランチャイズというシステムがあります。これは本部や親会社が加盟店を募り、商号や商標の使用を許可、あるいは与えることによる独占販売権のことを言います。このシステムは住宅業界にも浸透してきており、住宅FCとして加盟店になることが可能です。地域密着で経営していた工務店の方々の中には、そのシステムに魅力を感じて加盟するケースが増えています。
では住宅FCの加盟店になると、どんなメリットがあるのでしょうか。例えば地域の工務店の方が住宅FCを利用した場合、親企業のブランド力を持てるようになります。地域での工務店間の競争で勝ち抜くためには差別化や営業の強化が必要になりますが、小規模経営の場合はその余力がありません。しかし加盟店になれば親会社のブランドを利用できるため、魅力ある住宅をPRできるようになります。
営業面でのコストダウンも可能になり、キャッシュフローの改善にも役立ちます。親会社が持つ技術力の支援も受けられるため、建築技術面においても大きくステップアップできるでしょう。もし工務店経営の伸び悩みにお困りの場合は、住宅FCを利用するという方法も経営改善の一手と言えるでしょう。

独立開業時に住宅FCを選ぶ場合のポイント

建築業界の実務経験者が新規に独立するときには、住宅FCに加盟するという選択肢もあります。営業基盤がない場所で工務店を設立する場合には、エリアを独占してビジネスが行える住宅FCに加盟するのが理想的です。特に加盟店が着実に増加しているFCは、将来性の面からも非常に魅力があります。そして加盟対象を1つに絞り込みたいときには、個別の運営会社のサイトで商品ラインナップをチェックすることが肝心です。1000万円台の低価格帯の住宅がメインのFCは、薄利多売で売り上げを伸ばしたいと考える経営者に最適です。
そして都市部でビジネスを展開したいときには、狭小地向けの建物に強い住宅FCを選ぶべきです。実際にFCの担当者と相談する方法もありますが、加盟店を訪問して経営状況を調べるのが望ましいです。長期間にわたって加盟し続けている工務店が多い住宅FCは、特に業界内でも高く評価されています。
更に独立開業後に短期間で住宅建築を受注するためには、地域や時代のニーズに合った広告戦略を構築する必要があります。ウェブサイトを使った宣伝に加えて、雑誌のタイアップ記事の掲載にも力を入れているFCは、独立開業時の加盟にも非常に適しています。

地元工務店も住宅FCを活用してみましょう!

地元工務店では、昔からご利用して下さる固定客の方はいますが、やはり親世代から子供世代へと世代交代するにつれて大手の住宅メーカーを利用するなど、地元密着の工務店も限りが出てくるようになります。やはり魅力ある住宅を提供したり、アレルゲン対応やナチュラルな住宅など、かなり好まれるようになっています。住宅FCへ相談すると的確なアドバイスを受けることができ、そして集客力の伸び・コストダウン・営業の効率化など、地元の特徴を活かして様々な提案を下さるので安心して活用することができます。
住宅FCは、色々な角度から提案をしてくれますし、地元工務店として長年経営されていると、視野が狭くなっている部分も大きいため、こうして住宅FCの意見を取り入れることで、顧客層もかなり広がっていくのは確実です。最新の住宅など学ぶべき部分も沢山あるので、住宅FCを利用することでお客様の開拓ができます。
効率よく営業を伸ばしていくにはどうすべきかなど、色々と情報を地元の特徴なども踏まえてアドバイスを下さるので、住宅FCで新たな開拓ができるようになり、仕事を増やす機会が増えます。地元工務店としての特徴を活かし、新たな住宅情報を提供していくことができるようになります。

注目記事

家を守る

住宅FCを活用してサービスを向上させよう

地域密着型の工務店ならではの強みやメリットがあるものですが、その反面資材などに掛かるコストが高くなりやすいなどとい…

もっと読む
TOP